【事故車をあえて廃車に】車両保険なしの全損車は「買取」がおすすめ

スポンサーリンク
事故車 全損 買取お金
スポンサーリンク

車両保険に入っていない車を単独事故で全損してしまった場合、その処理費用は基本的には全額自己負担となります。(その他の補償特約や、物損に関する責任が無い場合)

そうなると、事故車を運ぶレッカー代や、廃車処理の代金など諸々の費用が掛かってきます。

そんな状況においては、近くのディーラーや車整備業者よりも「廃車買取業者」へいらいするのがおすすめですよ。

本記事の内容 全損について 
車両保険なしの場合の全損は買取りがおすすめ 
もしものことを考えてカーライフを楽しもう
スポンサーリンク

全損について

全損

車を走行中に擦ってしまったり、単独事故によって修理を行う際の補償をしてくれる車両保険は、いざという時に役に立ちます。

ただし、加入することで多少なりとも保険金が上がってしまうため、同じ車に乗り続けている場合、保険更新の際に車両保険を外される方も多くいます。

さた丸
さた丸

傷がついても、ある程度の修理なら自己負担で修理に出す人が多いですね。

車両保険に入っていない場合、自身の車が全損となる事故が起こしてしまったときは保険による補償を受ける事ができません。

冒頭でも述べたようにそんな状況においては廃車買取の業者へ処理を依頼するのがオススメなのですが、先に「全損」について整理します。

全損とはもともと保険に関する用語で、物理的全損経済的全損の2つに分けられます。

 

物理的全損

物理的全損とは、エンジンやフレームに著しくダメージを負ってしまい、修理不可となった状態を言います。

さた丸
さた丸

「大破している車」というと伝わりやすいかもしれませんね。

多くの人は全損と聞けば事故によって動けなくなったこのような状態をイメージされるかと思います。

 

経済的全損

経済的全損とは、そのタイミングでの車の時価額が、実際にかかる修理の金額を下回ってしまっており、修理にかかる費用が全額車両保険からは補填しきれない状態のことを言います。

 経済的損損の例 時価額が50万円の車で事故を起こした。

修理にかかる費用が100万円だった場合、設定金額が100万円までの車両保険に入っていたとしても、時価額の50万円までしか支払ってもらえない

上記の50万円を受け取る場合、対象の車両は全損車として保険会社へ引き渡さなくてはなりません。

ちなみに時価については、オートガイド車が毎月発行している自動車価格月報(通称:レッドブック)に記載されている金額などを参考に決められています。

 

全損した車のその後は?

車が全損した場合、まずは車両の使用をストップすることになりますので、その旨を運輸局へ伝えるために一時抹消登録をしなければなりません。

さた丸
さた丸

これがされていない車は自動車税が課せられるので、乗れないのに税金を納めなければならなくなってしまいます。

そしてその後、車としての機能をなくしたものとし、運輸局にて廃車=永久抹消登録をし、業者にて解体→リサイクル処理がなされ、車として存在しなくなります。

 

車両保険なしの場合の全損は買取りがおすすめ

買取

では、全損した車のその後を踏まえ、処理を買取業者へ依頼するメリットは以下の通りです。

 廃車買取業者へ依頼するメリット  処理手数料や負担が少なく(ゼロ円もあり得る)済む
レッカー代がかからない場合が多い
その後について良く検討できる

 処理手数料や負担が少なく(ゼロ円もあり得る)済む

上記でも述べたように、廃車にする場合ただ運輸局に電話すれば良いという訳ではなく、抹消登録申請書印鑑証明書、解体届出用の登録識別情報等通知書などを用いてしっかりとした手続きを踏む必要があります。

一般の人であれば、そういった手続きをする機会は少なく、人によっては車を持っていたとしても一度も行ったことが無い人も多くいると思います。

なので、手惑う上に時間・労力を多く使うことになってしまいがちです。

廃車買取業者はその手続きに関する代行を含めてのサービスとなっていることも多いため、専門的な知識の習得等が不要です

また、その処理料を差し引いた上で買取を行う金額の提示となっていることも多く、自己負担金も少なく済みます。

さた丸
さた丸

これをディーラーへ依頼した場合、数万円の費用を請求されることもありますので、この点はかなりお得かと思います。

レッカー代がかからない場合が多い

物理的廃車なら、大体が不動車となっています。その場合はまずその車を任意の位置へ移動させなければなりません。

車を移動させる場合は、通常の事故であればJAFや加入している保険のロードサービスを使う事と思いますが、その場合は加入金や一部負担金などの費用が発生してしまうことがあります。(条件による)

一方、廃車買取業者へ依頼する場合、車両を業者が管理する場所へ移動するにあたってのレッカー代がかからない場合が多いです。

さた丸
さた丸

レッカー費用を差し引いた買取金額を持ち主へ提示しているのかもしれませんね。

事故後はパニックになっていることも多いため、不要な費用の発生を防ぐためにもこの点もポイントになると思います。

 

その後について良く検討できる

仮に廃車買取業者ではなく、普段から利用しているディーラーへ廃車処理を依頼した場合、別途費用が発生するだけではなく、まず間違いなく次の車両の提案をされます。

さた丸
さた丸

ディーラーは新車を売ってなんぼなので当たり前ですね。

車を日常使いしている人にとって、車が無くなるというのは生活にかなりの支障をきたしますので、とにかく早く手を打ちたいのが本音です。

その心理から焦って次の車両を良く検討せずに決めてしまい、後々後悔してしまうこともあり得ます。

そういった事態を防ぎ、廃車についての処理を一度しっかり済ませ、次の車両をよく検討するという流れを築くためにも専門の業者を利用するのはおすすめです。

 

何故廃車でも買取ってくれる?

車は不動となっても鉄くずの塊ですので、資源として価値は十分に残されています。

買取業者は部分的にでも資源として再利用できる部分を分別し、それを買取ってくれる(もしくは自社にて再利用)する販売ルートをもっていますので、そもそも動くかどうかが関係なかったりするのです。

 

詳しくは以下の記事でも紹介しています。

 

もしものことを考えてカーライフを楽しもう

よく検討

誰もが事故を起こそうとしてそれが発生するわけではありません。

ですが事故は毎年発生してしまっていることを踏まえ、自身がいつ当事者になってもよい(良くはないですが…)よう、準備はしっかり整えておきましょう。

ほとんどの方が任意保険に加入しているとは思いますが、その中の保障をケチったせいで後々大後悔をすることも想定できます。

さた丸
さた丸

保険の補償を充実させるためにも、車両購入の際はその費用も考慮して検討するとよいですね。

しかし、費用面を考えたとき、車両保険を外すことは無きにしも非ずで、そういう人は私の周りでも結構います。

車両保険を外すこと自体は悪い事ではありませんが、もしものことを考え、本記事の内容に沿って言えば、車両保険を外した時点で、もしもの時の廃車処理を依頼できる業者を見つけておくのも1つの備えとなります。

自身の行動範囲を考慮し、その後の行動がとりやすい業者を事前に見つけておくことで、事故後のパニックからくる2次被害を小さく抑えることにも繋がります。

運転自体ももちろんですが、経済的な面でも安全に行動できるよう、常に先を見て検討していきましょう。

 

また、より高価買取を狙うのであればオークション代行サービスを使った売却方法もおすすめです。以下の記事で詳しくまとめています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました