【重要】車のタイヤを交換する適切な時期とお得に購入する術

スポンサーリンク
【重要】車のタイヤを交換する適切な時期とお得に購入する術お金
スポンサーリンク

皆さんはどれくらいのスパンで古くなったタイヤを交換(組み換え)しているでしょうか?

 

もちろん、ブレーキをかけた際にスリップするようになってから交換するようでは交換時期としてはかなり遅いです。

さた丸
さた丸

タイヤ本来の持つ性能が著しく低下している状態ではいつ大きな事故を起こしてもおかしくありません...。

 

とは言えタイヤも車1台分新たに購入するとなればかなりの出費になるので、購入になかなか踏み切れず二の足を踏んでいる人も多いのかもしれません。

 

なので今回は、タイヤの適切な交換時期と、お得に購入するオススメの術について記述していきます。

本記事の内容 車のタイヤを交換すべき時期
 お得にタイヤを購入するおすすめの術
 ユーザーの意見
スポンサーリンク

車のタイヤを交換すべき時期

タイヤの適切な交換時期

使用開始から5年経過

これは一概に言えることではないかもしれませんが、5年程度使用したらタイヤの性能は新品時と比較してかなり落ち込んでいると言えます。

 

「え、5年使ってるけど全然問題ないけど?」という人もいるかとは思います。

ですが、普通に使用していれば摩耗紫外線による影響によりブレーキ性能耐衝撃性という点では目には見えない、もしくは体感もし辛い範囲でも確実に劣化しています。

 

確かに今問題が起きていないのに新品に交換することを躊躇するお気持ちは十分に理解できます。

ですがある時、走行中に急にタイヤがバースト(破裂)し、自身だけならまだしも周囲へ被害をもたらすリスクを考れば新調することへの抵抗もかなり少なくなるはずです。

さた丸
さた丸

5年も使えば、スリップサインもかなり近づいてきていることがほとんどなので、心配であれば車屋さんや有人のガソリンスタンドで確認してもらいましょう。

 

ヒビが多数発生している

これはより分かりやすい交換の目安ですね。

タイヤは製造後からすでに硬化し始めています。これはタイヤの素材であるゴムの柔軟性をキープするための油分が時間の経過と共に外側へ漏れ出していくためです。

 

そして硬化が進めばそれだけブレーキ時の接地面が少なくなることでブレーキの性能も低下しますし、耐衝撃性も下がります。

さた丸
さた丸

ゴムの柔らかさはブレーキ時や路面からの突き上げ時に適切に変形するためにあります。

 

タイヤは内側に空気が入っていることでその形をキープしていますが、硬化してくれば内側からの押し出す力にゴムが耐え切れず、徐々にヒビ(細かく言えばゴムの裂け)が出てくるようになります。

 

なので、ヒビが多数発現、もしくは大きなヒビが入っている状態はバーストする前兆と捉えて然るべきです。

さた丸
さた丸

とはいえ、タイヤによってはまだ使える状態でもヒビが入っていることもあるので、心配であればネット情報だけを信じず、実物をプロの目で見てもらいましょう。

 

パンクを経験している

パンクを経験しそれを直したタイヤを使用しているユーザーは、多くがそのまま使用していても問題なかったと答えるかと思います。

 

ですが、これはあくまで感想であり、安全を考慮した場合はタイヤが本来持つ強度のバランスは少なからず崩れていると考えるべきです。

 

それにタイヤは特に駆動する箇所(FF車なら前輪など)に特に負荷がかかりやすいので、パンクしたタイヤの場所によっては負荷がかかりにくいためたまたま問題が起きていないというケースも無きにしもあらずです。

 

そもそもパンク修理はあくまで応急措置であり、交換するまでの時間・距離稼ぎと捉え、安全のために一度パンクしたタイヤは交換するものと考えましょう。

さた丸
さた丸

走行中にタイヤに不具合が発生するリスクを考えると、パンクしても修理すれば大丈夫などとは私には言えません...。

 

また、タイヤのパンクについては下記の記事でも触れています。

 

お得にタイヤを購入するおすすめの術

お得にタイヤを購入する術

使用するシーズンの反対の時期

これは特に夏・冬で使用するタイヤを替える必要がある場合により顕著に出やすい傾向であり、なおかつ私自身の経験に基づいています。

 

例えば冬を迎えるタイミングは冬本番に向けて新たなスタッドレスタイヤを求める人が増えるため、タイヤを販売する側からすれば値下げせずとも購入しやすくなる分、価格は高くなる(というか値下げ率が低くなる)傾向があります。

 

そして逆に冬を終えた時期になると、冬前から売り出して売れ残ったスタッドレスタイヤを売りさばくべく、タイヤ販売車は在庫を一掃しようと基本的には値下げを行われやすくなります。

 

これは単にお店の売り上げを良くするだけの話ではなく、タイヤの製造本数にも限りがあるため、メーカーや商社は売れ行きの良いお店や業者へ次シーズン分の販売割り当てを多くさきやすくなること等にも起因しています。

さた丸
さた丸

大人の事情ってやつですね。

 

なので、新たなスタッドレスタイヤが欲しいのであれば冬が終わってから、ノーマルが欲しいならなら秋の終盤あたりといった具合です。

 

ただし、それぞれのシーズンを終えるタイミングでは自分の車の(ホイールの)タイヤサイズの在庫がはけてしまっている場合もありますので、店頭で購入をお考えの人はご注意ください。

ネットで購入する

結局これが一番安上がりになりやすいかと思います。
この場合は自分でタイヤとホイールを組んでくれる場所を見つける必要があるというデメリットがありますが、基本的にタイヤ単体の費用はかなり抑えられます。
また、在庫に関しても全国から自分の欲しいサイズのタイヤを探すことができるので、在庫切れのリスクも低くなり得ます。
さた丸
さた丸

ちなみに、タイヤとホイールを組むことは「組み換え」、タイヤにホイールが装着された状態のものを車両に付ける(外す)ことを「タイヤ交換」と呼称する場合が多いです。

タイヤをネットで購入するにあたり、確実に自分の持っているホイールにあうサイズであることに加え、「製造年月」にも注目しましょう。
年月はタイヤの片面に4桁の数字で表記されています。
例:4023 → 2023年の40週目(10月ころ)に製造されたもの
圧倒的に格安だと、製造されてから年月が経過している=硬化や劣化が進んでいる可能性も否めません。
ネットでの購入は下記の記事も参考にしてみて下さい。

1年落ちのタイヤを狙う

タイヤは新しければ新しいほど性能が本来の設計に近いことになりますので、基本的には製造されてからあまり時間が経過していないものほど好まれます。

 

ですが昨今の値上がりの影響もあり、新品で発売されたばかりの新モデルのタイヤを購入しようとなれば、相応の費用が発生します。

さた丸
さた丸

人気のSUVなんてタイヤも大きいものが多いので、家計にはかなりの痛手になりますね...。

 

ただし、タイヤの種類によっては製造されてから1年経過したものでも新品なら十分に使えることもあるので、新調するからと言って必ずしも出たばかりのモデルを狙う必要はないかもしれません。

ちなみに私は以前SUVのスタッドレスタイヤを購入する際、タイミング的にブリジストンのブリザック DM-V3シリーズが発売される年に、あえて型落ちの前モデルV2を購入しました。(ただ費用を抑えたかっただけですが。笑)
その後、結果的に4シーズンほど使用しましたが全く問題はありませんでした。
さた丸
さた丸

ブリザックが比較的ゴムの硬化を起こしにくいものであることも大きいですが。

なので、安全を考慮した上で費用を抑えたい場合は、新品かつ適切な保管のされ方をしていたものに限り、製造から1年経過したものでも大丈夫な場合もありますので、参考にしてみて下さい。
ただし、雪道や凍結した路面に慣れていない人は、やはり製造されてからあまり時間が経過していないタイヤから使用をスタートすることをおすすめします。
さた丸
さた丸

私はずっと雪国に住んでいるので痛感していますが、スタッドレスタイヤだろうが滑る時は滑りますので、できるだけそのリスクを抑えましょう。

 

ユーザーの意見

ユーザーの意見
他のユーザーはどのような判断基準や方法でタイヤを新調しているか声を集めてみました。

さた丸
さた丸

多種多様な意見がありますね。ちなみに夏タイヤが限界を迎えてる車が暖かい時期に車検を迎え、それをクリアするためにまだ目が多い冬タイヤに履き替える猛者もいるようです。笑

まとめ

まとめ

車に関わる大きいパーツは交換や新調になかなか踏み切れない場合が多いです。

さた丸
さた丸

それだけ費用も掛かりますしね。

ですが、車はどれほど立派な車体だろうが多くが重さ1トンもある鉄の塊ですので、可能な限りの安全が確保されていなければ乗車することは避けて然るべきです。

余計なトラブルに巻き込まれることなく、快適にドライブや移動を楽しむために、足回りの整備は徹底的に行いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました